マイケルジャクソンの最大のヒット曲

どの映画を見るべきですか?
 

マイケル ジャクソンのキャリアを 1 つの CD の長さのリストにまとめることは不可能です。代わりに、彼の最高のシングルの本質的な選択を提供します.



1. 'よりを戻したい' 1969年
あまりにも急いで去った恋人への嘆願 (「ああ、ダーリン、私はあなたを手放すことができなかった」) は、どういうわけか、そのおいしいファンキーなベースライン、震えるピアノの演奏、そしてマイケルの甘い歌の上に構築された、歓喜のコールアンドレスポンスのお祝いになります。高度なボーカル。

2。 「誰があなたを愛していますか」1969
スモーキー ロビンソンが 1960 年にこの胸を打つバラードを書き、それ以来数え切れないほどのアーティストがカバーしています。しかし、当時 11 歳だったマイケルのピッチ パーフェクトなフレージングと本物の哀愁のミックスに匹敵する人はほとんどいません。

3. 「アイル・ビー・ゼア」 1970
静かな約束として始まるものは、最終的に全力の魂のショーストッパーに開花し、マイケルは「肩越しに見てください、ハニー!」と促します。 —多くのカップルのスロースケートとジュニアプロムの思い出。

四。 『ABC』 1970年
おそらくどの教室よりも多くの子供たちが「i before e but after c」というルールをジャクソンズの熱狂的なポップアンセムから学び、「シェイク、シェイク、ベイビー」と余分な評価を得るようになりました。

5. 「ママの真珠」 1971
輝かしいモータウンのお尻が飛び交う様子は、マイケルの挑発的な (年齢的に不適切な場合) 嘆願をサポートします。

6. 「ドント・ストップ・ティル・ユー・ゲット・イナフ」1979年
ベースの鼓動、カウベルのカチ​​ャカチャという音、そしてコーラスを大きく吹き飛ばす紛れもないファルセット。マイケルが「力を合わせ続けて/止まらないで」と命じると、ダンスフロアはそれに従います。

7。 「ロック・ウィズ・ユー」1979年
同じアルバムの「オフ・ザ・ウォール」のように、「ロック・ウィズ・ユー」は日常からの甘い逃避を提供します。物理的な可能性です。

8. 「Wanna Be Startin’ Somethin」’ 1983
彼の間の最も明白な架け橋 オフ・ザ・ウォール -時代のディスコ キックとカシオに夢中になった 80 年代の夜明け、このブロック パーティー ストンパー キック スリラー 洗練された独特のスタイルでオフ。

9. 「ビリー・ジーン」1983年
絶望的で、おそらくは惑わされたグルーピーとの父子争いの物語を世界的な大ヒットに変えることができるのは、他に誰でしょうか?その控えめで催眠術のようなオープニングシンセの音を聞いた人は、次に来るものに抵抗できません。

10. 「ヒューマン・ネイチャー」1983年
スリラー の 5 番目のシングルである見事なスローバーン バラードは、タイトル トラックの生意気なシェナニガンとは対照的です。その風通しの良いシンセと優しいボーカルは、私たちが本当に知らなかったプライベートなマイケルを興味深くほのめかしています。

十一。 「スリラー」 1984
その伝説的なビデオから切り離すことは常に困難ですが、この曲は実際、ばかばかしい不気味なエフェクトとヴィンセント・プライスのオーバーダブの下で非常にファンキーです。しかし、ゾンビクローシャッフルに割り込むことなく、今日も聞くことができますか?

12. 「ザ・ウェイ・ユー・メイク・ミー・フィール」1987
「バッド」のほとんど漫画的なストリートのタフな感情と比較して、この快活なファンク・ポップのスライスは、マイケルが魅力的で自慢げな怒りで女の子ウォッチャーのより単純な役割を演じることを可能にします.

13. 「スムーズ・クリミナル」1988年
ジャクソンの短編映画の目玉となる、刺激的でギターが重い曲 ムーンウォーカー 「アニー、大丈夫?」という悪名高いリフレインで暗い殺人シナリオを提示します。予感とばかげて、繰り返し聞くことができます。

14. 「鏡の中の男」1988年
「We Are the World」は一部のファンが選択する MJ 意識のアンセムかもしれませんが、これは 悪い トラックのありのままのメッセージ — 「世界をより良い場所にしたいなら / 自分自身を見てから変化を起こそう」 — は、はるかに説得力のある熱烈な命令を生み出します。

15。 「黒か白か」1991年
当時、マイケル自身の肌の色との闘いについてのジョークはさておき、 危険 シングルは今でも持ちこたえていますが、それは主にその消えないギターリフのおかげです (Guns N' Roses の Slash の厚意によるものです)。

16. 「スクリーム」1995
1983年の熱狂的な「P.Y.T. (Pretty Young Thing)」は、はるかにダークでアグレッシブな作品であり、2 人のどちらかがこれまでに得たハードロックとほぼ同じです。どういうわけか、このデュオは、曲の叫び声を上げたいという怒りを、洗練された紛れもなくキャッチーなポップパッケージで提供することに成功しています.



トップ記事