マイケル・ジャクソン:リサ・マリー・プレスリーは、キング・オブ・ポップは彼が死ぬことを恐れていたと言います

どの映画を見るべきですか?
 

マイケル ジャクソンの元妻であるリサ マリー プレスリーは昨日、木曜日に突然亡くなったキング オブ ポップが、父親のエルビス プレスリーのように死ぬのではないかと恐れていたことを明らかにしました。 彼女の MySpace ブログの感動的な投稿で 、プレスリーは次のように書いています。正確な主題を思い出すことはできませんが、彼は私の父の死の状況について私に質問していたのかもしれません.ある時点で彼は言葉を止め、私をじっと見つめ、ほぼ落ち着いた確信を持って言った、「彼がしたように、私は彼のようになってしまうのではないかと心配している. 、その時点で、彼は肩をすくめ、私に知らせるかのようにうなずきました。プレスリーは次のように述べています。その時、私たちは皆、これが結果になるのではないかと心配していました。」何年にもわたる「無関心と無関心」にもかかわらず、彼女は自分自身を「本当に、本当に腹が立った」と表現し、ジャクソンの死に「止められない涙」を流し、メディアの報道とは反対に、ポップスターとの結婚は「偽物」ではないと主張した. . 「そうです、それは異常な関係でした。生きていないか、『通常の生活』を知らなかった2人の異常な人々がつながりを見つけたのです. 「それでも、彼は誰よりも私を愛してくれたと信じていますし、私も彼をとても愛していました。」彼女はまた、ジャクソンについて次のように宣言しました。彼がそれを良いことに使ったときは最高だったし、悪いことに使ったときは本当に最悪だった。」





トップ記事