「Everything Everywhere」、「TÁR」がインディペンデント・スピリット賞のノミネートをリード: 全リストを見る

どの映画を見るべきですか?
 
"Everything Everywhere All at Once"

「すべてを一度に」



エベレット コレクション

2023 年フィルム インディペンデント スピリット アワードのノミネートが 11 月 22 日火曜日に発表され、インディーズ映画における過去 1 年間の最高の業績が発表されました。授賞式は 3 か月以上先の 3 月 4 日にサンタモニカで開催されますが、これらの映画は、オスカーやその他の賞への道のりで、今後数か月間注目を集めています。今年のノミネート作品は、プレゼンターのテイラー ペイジ (3 月に「ゾラ」の最優秀女性主演賞を受賞) とラウル カスティージョ (2018 年の「We the Animals」の最優秀助演男性賞にノミネート) によって発表されました。今年のテレビ部門の候補者は、12 月 13 日に発表されます。

「Everything Everywhere All at Once」が 8 部門で最多ノミネートとなり、「TÁR」が最優秀作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀助演賞、最優秀脚本賞、最優秀監督賞を含む 7 部門でノミネートされました。

フィルム インディペンデントにとって初めて、今年の賞は、映画とテレビの両方で主役と助演の性別に中立な演技部門に移行しました。その他のカテゴリの更新には、ベスト ブレイクスルー パフォーマンス (映画) とベスト サポーティング パフォーマンス (テレビ) の新しい賞が含まれます。ブレークスルー パフォーマンスを除くすべてのパフォーマンス カテゴリで、最大 10 人の候補者を選出できます。

今年の初めに、組織は、適格な映画の予算上限が3,000万ドルに引き上げられ、ジョン・カサヴェテス賞の予算上限が100万ドルになったことも発表しました.一方、フィルム インディペンデントは、COVID が映画製作者と業界に及ぼす継続的な影響に対応して、通常は適格性に必要な劇場公開を再び放棄し、インディペンデント映画製作者が認められ、称賛される機会を増やします。

IndieWire で人気

フィルム インディペンデント スピリット アワードのノミネートは、その年の映画部門のノミネートを決定する 2 番目の主要なインディー アワード ブロックです。 10 月下旬、ゴッサム アワードは 11 月 28 日に開催されるニューヨークでのセレモニーのラインナップを発表しました。スピリット賞にノミネートされた映画は、「TÁR」、「Everything Everywhere All at Once」、「Aftersun」などです。

フィルム インディペンデント スピリット アワードのノミネーションは、YouTube でバーチャルに公開されています。

最良の特徴

「骨とすべて」

「すべてを一度に」

「私たちの父、悪魔」

'図書館'

「話す女たち」

最優秀監督

トッド・フィールド「LIBRARY」

コゴナダ「ヤンの後」

ダニエル・クワンとダニエル・シャイナート、「すべてを一度にどこでも」

サラ・ポーリー「ウーマン・トーキング」

ハリナ・レイン「ボディズ・ボディズ・ボディズ」

最高の最初の機能

「アフターサン」

「エミリー・ザ・クリミナル」

「ザ・インスペクション」

「ムリナ」

「ヤシの木と送電線」

最高のリードパフォーマンス

ケイト・ブランシェット「LIBRARY」

デイル・ディッキー「ラブソング」

ミア・ゴス「パール」

レジーナ・ホール「神に警笛を鳴らし、魂を救え」

ポール・メスカル「アフターサン」

オーブリー・プラザ「エミリー・ザ・クリミナル」

ジェレミー・ポープ「ザ・インスペクション」

テイラー・ラッセル「ボーンズ・アンド・オール」

アンドレア・ライズボロー「To Leslie」

ミシェル・ヨー「エヴリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」

最高のサポート パフォーマンス

ジェイミー・リー・カーティス「エヴリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス」

ブライアン・タイリー・ヘンリー「コーズウェイ」

ニーナ・ホス「LIBRARY」

ブライアン・ダーシー・ジェイムズ「大聖堂」

Ke Huy Quan、「すべてを一度にどこでも」

トレヴァンテ・ローズ「ブルーザー」

テオ・ロッシ「エミリー・ザ・クリミナル」

マーク・ライランス「ボーンズ・アンド・オール」

ジョナサン・タッカー「ヤシの木と送電線」

ガブリエル・ユニオン「ザ・インスペクション」

画期的なパフォーマンス

フランキー・コリオ「アフターサン」

グラシヤ・フィリポヴィッチ「ムリナ」

ステファニー・スー、「すべてを一度にどこでも」

リリー・マキナニー「ヤシの木と送電線」

ダニエル・ゾルガドリ「おかしなページ」

脚本賞

「ヤンの後」

「バーディと呼ばれるキャサリン」

「すべてを一度に」

'図書館'

「話す女たち」

最高の最初の脚本

「ボディズボディズボディズ」

'緊急'

「エミリー・ザ・クリミナル」

「火の島」

「ヤシの木と送電線」

撮影賞

「アフターサン」

「ムリナ」

「ネプチューンフロスト」

'パール'

'図書館'

編集賞

「アフターサン」

'その大聖堂'

「すべてを一度に」

「靴を履いた貝殻のマルセル」

'図書館'

ロバート・アルトマン賞

「話す女たち」

最優秀ドキュメンタリー

「とげでできた家」

「呼吸するすべて」

「すべての美と流血」

「助産師」

「ライオツビルUSA」

最優秀国際映画

'コサージュ'

「ジョイランド」

「レオノール・ウィル・ネバー・ダイ」

「ソウルに戻る」

「サントメール」

注目の人賞

アダマ・エボ「イエスのために警笛を鳴らし、あなたの魂を救え」

Nikyatu Jusu, “Nanny”

アラセリ・レモス「ホーリー・エミー賞」

真実よりもフィクション賞

イザベル・カストロ「ミジャ」

リード・ダベンポート「アイ・ドント・シー・ユー・ゼア」

レベッカ・ハント「ベバ(ベイバ)」

ジョン・カサヴェテス賞

「絶望的なアフリカ人」

「ラブソング」

'その大聖堂'

「ホーリーエミー」

「汚れの中の何か」

プロデューサー賞

リズ・カルデナス

トリー・レノスキー

デビッド・グローブ・チャーチル・ビステ



トップ記事